2017年12月14日

百歳体操のサロンにクリスマスツリー

いきいき百歳体操のサロン、第2木曜日はお抹茶をいただく日です。
きれいなお花もいっしょにテーブルに添えられました。(写真に撮っておこう!)





そして、今日は参加者の一人の方がいらなくなったクリスマスツリーを提供してくださり、みんなで飾り付けを行いました。

クリスマスツリーなんて何年かぶり、いや何十年かぶりです。

いいですね。これだけで雰囲気が出ます。

クリスマスの日、長靴の中にサンタさんからプレゼントがあるでしょうか?

来週のサロンは奮発してクリスマスケーキでも食べようか・・・






こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 17:32Comments(0)コミュニティ福祉

2017年10月12日

お買物同行サービス、『ひょうごの福祉』に掲載

矢野町のお買物同行サービスが、兵庫県社会福祉協議会が発行する『ひょうごの福祉』10月号に掲載されました。

先月9月1日に取材がありました。県社協から来られた方は今回、運転ボランティアさんの車に一緒に乗られ車内の様子も取材されました。

どうぞ、ご覧ください。



「みんでつくるひょうごの福祉」
(画像をクリックすると大きくなります)


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:52Comments(0)コミュニティ福祉

2017年10月05日

太子町で買い物支援サービスが開始

前に太子町の地域の集まりで、先行事例として矢野町が行う「お買い物同行サービス」の説明をさせていただいたことを報告しました。(http://yanochohiroba.tenkomori.tv/e419020.html

この度10月1日より、太子町で行政の支援を受け、高齢者をスーパーまで送迎する「買い物支援モデル事業」が開始されたようです。モデル地区が、今後住民の助け合いで高齢者を始め誰もが安心して生活がおくれるような地域社会を築いていくことを大いに期待しています。おめでとうございます。



10月2日神戸新聞朝刊
(画像をクリックすると大きくなります)



  
タグ :買い物支援


Posted by 矢野町交流広場 at 16:47Comments(0)コミュニティ福祉

2017年09月07日

「いきいき百歳体操」2周年

この9月で、2015年より矢野町で始めた「いきいき百歳体操」が丸2年となりました。毎回、20名を超える参加者があり、感謝しています。

本日(9/7)の「いきいき百歳体操」は、2年の節目ということで保健センターから保健師さんや看護師さんに来ていただき、体力テストをしました。また、日頃行っている体操も、注意すべき細かい点を教えていただきました。

先の七夕の短冊にもありました。「いつまでもいきいき百歳体操に参加できますように」と。ありがたいことですし、私もそう願っています。そのためにもこのいきいき百歳体操が、3年、5年、10年と続けていけたらと思います。



タイムアップアンドゴー


開眼片足立ち


握力

こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:06Comments(0)コミュニティ福祉

2017年07月27日

「お買い物同行サービス」を太子町で紹介

近隣の太子町が地域(自治会)の中で支え合う仕組みづくりとして「高齢者等買い物支援モデル事業」を立ち上げようとしています。

先月は町行政からモデルとなる自治会への説明会があり、今回7/23にはモデル自治会で近隣の2自治会(糸井池と糸井池田)が住民のみなさんへ説明会を開かれました。そこで先行事例として矢野町の「お買い物同行サービス」を紹介してほしいと依頼があり、ご質問に答える形で説明してきました。参加者は38名でした。糸井池・糸井池田、両自治会とも高齢化率が50%近いということです。

太子町は、車を町が準備し(とりあえずレンタカーを想定)、運転手をボランティアで地域の人が担うようです。行政主導と地域主導の違い、条件の違いはありますが、そこに困ってらっしゃる方がいるという事実は同じで何とかしてしてあげたいという思いも同じ。矢野町の事例が少しでもお役に立てれば幸いです。

それにしてもお隣のたつの市は「あかねちゃん号」が喜ばれているという声を耳にしますし、この度は太子町の買い物支援。相生市も「お買い物同行サービス」へ何らかの支援があればいいのに。うらやましい。



7/23 太子町糸井池田の集会所にて


こ  
タグ :買い物支援


Posted by 矢野町交流広場 at 17:32Comments(0)コミュニティ福祉

2017年07月20日

いきいき百歳体操のサロンでお抹茶カフェ

先週(7/13)のいきいき百歳体操のサロンの報告です。遅くなりました。

いつも体操の後に「おしゃべりカフェ」と題して、コーヒーとお菓子を食べながらみなさん自由におしゃべりを楽しんでいます。

先週は、地域の方から「いつもと違った雰囲気で」と提案があり、その方が材料も準備してくださって、お花をテーブルに飾り点てていただいたお抹茶をいただきました。お花をちょっと添えるだけでも雰囲気や気分も変わります。そんな心づかいと、お抹茶もいただけて参加者は大変喜んでおられました。

そういうわけで、月1回、第2木曜日の「おしゃべりカフェ」は「お抹茶カフェ」に変身です。地域の方や参加者からの提案と実践で、このサロンがどんどん充実していくのはうれしいことです。




お花を用意してくださり


切って一輪差していきます


テーブルが華やかになりました


お抹茶を点てていただいています


おいしいですね


提案いただきご準備していただいたUさん、ありがとうございました
今後もよろしくお願いいたします



  


Posted by 矢野町交流広場 at 17:16Comments(0)コミュニティ福祉

2017年07月06日

サロンで七夕の笹飾り

本日(7/6)、いきいき百歳体操のサロンで七夕の笹飾りをしました。

短冊に願い事を書いて、折り紙で飾り物も作りました。

みなさん、あらためて飾り物の作り方を教わるまでもなく、簡単に作っちゃうんですよね。すばらしい!

最後には、お焚き上げをして、みなさんの願いが叶いますように。



短冊に願い事を書いて、


それぞれに飾り物を作ります


出来たら飾りましょう


笹は連合自治会長さんが用意してくださいました


願い事は、やっぱり健康のことが一番








完 成



最後に、笹飾りの前で記念撮影

こ  
タグ :七夕


Posted by 矢野町交流広場 at 16:09Comments(0)イベント等報告コミュニティ福祉

2017年06月15日

「お買い物同行サービス」今度は毎日新聞に掲載

昨年10月より矢野町で立ち上がった住民による「お買い物同行サービス」。4月に神戸新聞で取り上げられ(リンク)、今度は毎日新聞が6/1に取材に来られ、昨日(6月14日)の朝刊に掲載されました。どうぞご覧ください。



毎日新聞の記事(2017年6月14日)
(画像をクリックすると大きくなります)



この記事には、お買い物同行サービスが「矢野町の地域交通」の実現に向けた検討から始まっていることに触れられています。その辺の経緯は、当時、相生市のコミュニティアドバイザーであった私が作成した報告書に詳しいので、よければご参考ください。



現在、矢野町で行われているコミュニティ福祉事業-「いきいき百歳体操を中心としたサロン」と「お買い物同行サービス」は、矢野町の地域交通実現の流れの中から、まずは自分たちができるところからと始まりました。

こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:45Comments(0)イベント等報告コミュニティ福祉

2017年04月24日

「お買物同行サービス」が神戸新聞に

昨年10月より住民の運転ボランティアで始まった矢野町の「お買物同行サービス」ですが、先週の実施日(20日木曜日)に神戸新聞の記者さんが取材に来られ、21日の朝刊で紹介されました。ご覧ください。





(画像をクリックすると大きくなります)



記事では、主に実施面を紹介してくださっています。

コミュニティ支援員(コーディネーター)の私は、同行者として毎回一緒に乗車させてもらっています。本サービスは高齢者の買い物支援が第一の目的です。

でも、「久しぶりやな。どないしとったん?」、「元気やった?」・・・

車内や店舗での待ち時間に弾むそんなおしゃべりやその時のみなさんの笑顔を見ていると、高齢者の孤立化の防止にもつながり、1時間半というわずかな時間ですがコミュニティの場(居場所)にもなっているではないかと思います。なんかそんな副次効果もけっこう重要なことだと思います。

3月よりコープさんが自身の店舗まで送り迎えをする同様なサービスを始められました。そちらを利用されている方からは「コープ(のサービス)を利用しているし、二つもは悪いから」と遠慮される方もおられますが、こちらは全然そんなことないです。私たちは行きたいとこに行けなくて寂しい思いをされる方が悲しいですから。利用者にとっては選択肢が増えるのはいいことなので、気軽にご利用ください。


  


Posted by 矢野町交流広場 at 13:36Comments(0)コミュニティ福祉

2017年04月07日

遅い開花、何とかお花見できました

昨日(4/6)、「いきいき百歳体操」の後、お花見をしました。

今年は桜の開花がかなり遅く、予定していた、例年なら桜のアーチがあってきれいな矢野川沿いの二木の公園の桜がまだ咲いていませんでした。

そこで、急きょ、少し咲き始めた矢野小学校にお電話し、会場を小学校に変更しました。ちょうど始業式の日だったのにありがとうございました。

「コスモスの里」さんにお弁当を作っていただき、お天気もぎりぎりもって、風があって寒かったけど、何とかお花見の気分を味わうことができました。






  
タグ :お花見


Posted by 矢野町交流広場 at 12:30Comments(0)イベント等報告コミュニティ福祉

2017年03月08日

H29年度「お買物同行サービス」利用者・運転ボランティア募集中!

矢野町にはスーパーなど大きなお店がありません。昨年10月より交通手段がなくお買物が困難な方のために、住民による運転ボランティアでお買物を支援する「お買物同行サービス」を始めています。来年度の利用者、運転ボランティアの募集をしていますので、たくさんのお申し込みをお待ちしています。






        
チラシ表               チラシ裏


        
  申込書(登録用紙)        運転ボランティアのお願い

(画像をクリックすると大きくなります)


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:44Comments(0)コミュニティ福祉

2017年03月06日

下田で「いきいき百歳体操」を見学

矢野町で「いきいき百歳体操&カフェ」を始めて1年半が経ちました。その間、一昨年の11月に榊と二木の集落で百歳体操が始まり、昨年の9月には下田集落でも開始しました。小河でも個人宅で始められたと聞きます。矢野町でどんどん広がっていくのはうれしいです。

本日(3/6)、下田の「いきいき百歳体操」(下田にこにこ会)を見学させていただきました。今日は約20名の参加。多いときは30名近くなるそう。人気です。

「これまでなかなか集まることがなかったけど、いきいき百歳体操をきっかけにみんなが集まる機会ができてよかった」と喜ばれています。
「この前は、食事会をしました」。「今度、公民館のぼたん桜がきれいやからお花見がいいな」と盛り上がっています。みんなと顔を合しおしゃべりして、ますます元気にニコニコ



下田公民館がいっぱいに





いきいき百歳体操の後は、かみかみ体操


大きな口を開けて「あ~」


体操の後はお茶しましょ。話が弾みます

こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 14:56Comments(0)コミュニティ福祉

2017年02月15日

「認知症セミナー」開催しました

2月14日、相生市のまちかど出前講座を活用し、矢野町で「認知症セミナー」を開催しました。用意した席がきっちり埋まる40名の参加者がありました。

認知症とは、脳の細胞が死んで、それにより起こる記憶障害や理解・判断力の障害など、症状のことをいいます(病気ではない。したがって患者でもない)。加齢により誰でもおこる可能性があります。団塊の世代が75歳以上となる2025年には65歳の5人に1人が認知症になるといわれています。

もうこうなると認知症は、他人事ではなくわが事として、そして特別のことではなく普通のこととして地域ぐるみで支えていかねばなりません。そのことが、誰もが笑顔で暮らせる地域づくりになっていくと思います。そこで、認知症の正しい理解と認知症の方への正しい接し方を学び、相生市の支援やサービスを教えていただこうと、このセミナーを開催しました。

認知症は、記憶障害や判断力の障害(中核症状)は脳の細胞の死が直接の原因であり改善は難しいですが、うつや不安、徘徊などの行動・心理症状(BPSD)はまわりの配慮と助けでだいぶん改善されます。

認知症の方は、記憶力・判断力・認知力など身体機能や能力は徐々に失っていきますが、家族を大切に思う心や自分らしくありたいと願う心など感情や気持ちはいつまでも失われません。認知症の方や自分自身も心穏やかに過ごせるよう、そういうところを大切にしていきたいものです。


認知症の方への対応の心得 3つの「ない」+1
 1 驚かせない
 2 急がせない
 3 自尊心を傷つけない
+1 否定しない

具体的な対応 7つのポイント
 1 まずは見守る
 2 余裕をもって対応する
 3 声をかけるときは1人で
 4 後ろから声をかけない
 5 相手に目線を合わせてやさしい口調で
 6 おだやかに、はっきりした話し方で
 7 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

 → これらのことは何も認知症の方だけでなく、普通の人に対しても大切なことだと思いますが

認知症の方の味方に
 1 「忘れる」ことを認める
 2 何気ない会話を増やす
 3 感謝の気持ちを言葉にする
 4 失敗や言葉の間違いを指摘しない
 5 できる仕事や家庭での役割を復活させる


そして、認知症に関して家庭や地域で何か気になること、困ったことがあれば、抱え込まないでまずは「相生市地域包括支援センター」(総合福祉会館2階)に相談しましょう。(☎23-7260)

認知症は、発症をくいとめることはできません。しかし、そのリスクを少なくすることはできます。それが認知症予防の考え方です。簡単にいえば、生活習慣病対策にする運動食事と、そして他の人と話すコミュニケーションが脳の活性を促します。




















  
タグ :認知症


Posted by 矢野町交流広場 at 16:09Comments(0)イベント等報告コミュニティ福祉

2017年01月26日

「認知症セミナー」開催します

認知症は誰もが起こりうり、今やわがこととして関心事の一つになっています。地域の誰もが安心してともに暮らすには、認知症の正しい理解と認知症の方への正しい対応がかかせません。
そこで、矢野町まちづくり推進委員会では、相生市のまちかど出前講座を活用し、下記のとおり「認知症セミナー」を開催します。多くの参加をお待ちしております。






(画像をクリックするとチラシが大きくなります)


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:13Comments(0)コミュニティ福祉

2016年12月26日

サンタさん、折りました

先週22日が、今年最後の「いきいき百歳体操」でした。
体操の後、歌声サロンで気分スッキリ。
そのあとは、折り紙でサンタクロースを折りました。
いい感じに出来ましたよ。

午後は住民ボランティアによる「お買物同行サービス」
これも今年最後で、開始して3か月が経ちました。
ということで、帰りにケーキを買って反省会をかねたクリスマス会をしました。
「助かっているわ。ありがとう」
「続けてね」
がんばります!
(しまった。写真、撮り忘れたガーン









こんなの出来ました


  
タグ :体操買い物


Posted by 矢野町交流広場 at 14:38Comments(0)コミュニティ福祉

2016年10月07日

「お買い物同行サービス」開始

10月6日より矢野町で、一人暮らし等で買い物が不自由な方のために住民の運転ボランティアによる「お買い物同行サービス」が開始されました。

現在、14名が利用者登録されており、運転ボランティアは4名です。この日は、9名の方が利用され3台の車に分乗してカワベへ買物に行きました。(ちなみに、次回の第3木曜はマックスバリュー、第4木曜はコープです)。買い物は約1時間。本サービスはお家まで送り迎えしますので、少々荷物が重たくなっても大丈夫。

利用者にお聞きすると、一人だと遠慮してサービスを頼みにくいけど、複数で行くとなると少しハードルが下がって頼みやすいようです。みんな知っている顔で話が弾み、楽しいお買物となりました。次回以降もどんどんご利用ください。

まだまだ、利用者、運転ボランティアとも募集していますので、よろしくお願いします。






  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:02Comments(0)コミュニティ福祉

2016年09月30日

いきいき百歳体操、一周年

矢野町で昨年9月17日から始めた「いきいき百歳体操」が一年を経過しました。毎回たくさんの方が参加してくださり、ありがたいことです。

29日には、1年目ということで保健師さんに来ていただき、体力測定(握力、開眼片足立ち、タイムアップアンドゴー)を行いました。この日は、看護学校の学生さんもお手伝いに来てくださいました。



看護学校の学生さんが5名来てくれました

*体力測定*


タイムアップアンドゴー


開眼片足立ち


握力

みなさん、1年前と比べてよくなってましたか



保健師さんの指導で今日もいきいき百歳体操



記念撮影をしました。これからも続けていきましょうね!



  


Posted by 矢野町交流広場 at 13:30Comments(0)コミュニティ福祉

2016年09月16日

「お買い物同行サービス」で交通安全講習会をしました

矢野町では10月より、一人暮らしなど交通手段がなくて買い物にお困りの方へ「お買い物同行サービス」を始めます。現在、利用者に14名と運転ボランティアに4名の方が登録してくださっています。まだまだ、随時募集していますのでお申し込みください。特に、運転ボランティアへの登録をお願いします。運転ボランティアがいないとこのサービスは成立しません。住民の助け合い、支え合いで矢野町が安心して暮らせるまちへ。

昨日(9/15)、そのお買い物同行サービスを始めるにあたり絶対事故のないよう、講師に相生警察署から平﨑交通総務係長を招き利用者と運転ボランティアのための交通安全講習会を開催しました。



今年8月末で相生警察署管内の人身事故は157件
そのうち高齢者の関連事故が53件(33.8%)で、
県下平均(31.8%)を上回っています。気をつけねば・・・



夜出歩くときは、反射材を身に付け懐中電灯をもっていくこと



分かりやすく落語家が話すDVDを観ました
70歳以上は自転車でも例外として歩道OKだそうです。知らなかった



運転ボランティアには車を使って運転における注意がありました

    ・間違わないブレーキとアクセル
    ・車の死角の確認(前、後ろ、横 どれくらい見えないか)
    ・車間距離は、その速度で2秒以上の距離をあけること(40km/hで22m)
    ・商業施設の駐車場では、店舗から離れたところに駐車した方がよい。
     近いところは事故の確率が高い。


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 13:25Comments(0)コミュニティ福祉

2016年08月18日

歌声サロン、お手玉を取り入れて脳トレ

お盆を過ぎてもまだまだ暑いですね。
リオ五輪の日本のメダルラッシュでますます熱いです。寝不足・・・

第3木曜日は、いきいき百歳体操の後に懐かしの歌声サロンを行っています。
最近、歌声サロンのなかに、わらべうたに合わせてお手玉を使う脳トレ体操も取り入れるようにしました。これが、みなさん、「楽しい!」となかなかの評判

今日(8/18)は、輪になって「あんたがたどこさ」を歌いながら、歌詞が「さ」の時に隣の人にお手玉を渡します。さあ、集中して息を合わせて







こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 14:43Comments(0)コミュニティ福祉

2016年08月02日

「買い物同行サービス」始めます。利用者・運転ボランティア募集中!



矢野町も一人暮らしのお年寄りが増え、地域の面積が広いにもかかわらずコンビニがない矢野町では、今後ますます買い物に不自由をきたす方が増えていくことが予想されます。

現在では、そういう方は昔ながらの行商さんやコープの宅配を利用されたり、離れたところにお住まいの子どもに車に乗せてもらって月に1,2回買い物に行っているのが現状です。やっぱりお店に行って買い物をしたいとか気兼ねなくもう少し買い物をしたいとか、そういう声もお聞きします。

そこで、先日の養父市の下八木老人クラブの視察や神河町社協の取り組みを参考に、矢野町でも10月より試行的に運転ボランティアの車で港方面の大手スーパーへ行って買い物をお手伝いする(同行する)「お買い物同行サービス」を始めてみようかと思います。

この事業は基本的に住民同士の助け合い・支え合いで成り立ちます。利用者はじめ運転ボランティアの募集(登録制)を下記のとおり行いますので、どうぞお申込みください。お待ちしています。


       
    チラシ             募集要項          申込書(登録用紙)


  


Posted by 矢野町交流広場 at 13:21Comments(0)コミュニティ福祉