2011年11月11日

かがしコンテスト作品紹介1

羅漢の里もみじまつりの最大の催し、「かがしコンテスト」
ぼくは今回、初めて観ました。なかなか面白いですね。
かがしの雰囲気や表情が、なんかクスッと笑えて、観る者を和ませ、温かく、いい感じ(ローラちゃん風)。

今年は、やはり東日本大震災や女子サッカー世界一を題材にしたものが多かったです。なので「みんなで手をつなごう」とか人の絆、助け合いといったことをテーマに作られたものが多かったですね。

かがしコンテストのかがし大賞は、次の2作品が選ばれました。おめでとうございます。


かがし大賞

団体の部:デイサービスセンター「ゆめさき」


「金メダルへの一投」


個人の部:よっしーファミリー


「はなさかじいさん」



作品紹介1

それでは、すべての作品を紹介することはできませんが、ぼくがちょっといいかもと思ってシャッターを切った作品をどうぞ。かがしが作りだす空気感だとかかがしの表情が好きなので、「寄り」の写真が多いかな。














































まだ、つづく・・・



かがしの展示は11月13日(日)までしています。まだ見られていない方はぜひお越しください。

こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 12:54Comments(0)イベント等報告