2012年05月31日

まちづくりの総会と新規事業計画




5月22日(火)に「矢野町まちづくり推進委員会」平成24年度総会がありました。

矢野町まちづくり推進委員会は、兵庫県の県民交流広場事業をきっかけに立ち上がった組織で、連合自治会をはじめ矢野町の各種団体の長をメンバーに構成されています。ある意味地域の代表性を有する組織といえます。

矢野町まちづくり推進委員会は、これまで県民交流広場事業の助成の範囲で、「地域のつながり・交流」をテーマに活動してきました。たとえば、ふれあい寄席やふれあい交流作品展、チャレンジ駅伝大会、グランドゴルフ大会などを年間行事として行ってきました。昨年は月1回の「お宝探検サロン」を始めました。

しかし、この県民交流広場事業も矢野町は今年度が最後となり助成金がなくなります。来年度からは独力で運営していかねばなりません。つまり、地域の自立が求められます。

そこで、矢野町まちづくり推進委員会は、昨年矢野町地域協議会(矢野町まちづくり推進委員会の協議部門・上位部門)が作成した「矢野町地域づくり将来構想(たたき台)」をふまえ、今年度、従来の地域内のふれあい・交流事業に加え、自立かつ自律した地域をめざして外部に打って出る新規事業を計画しました。これらは県民交流広場の助成対象外として行います。

まずは、矢野町を将来見据えてどんな町にしたいか計画(ビジョン)を立てなければなりません。新規事業計画の一つ目が「矢野町ふるさと自立計画」の策定です。これについては続くブログで詳しく述べましょう。

2つ目は、先日お伝えしました「休耕地を活用したキャッサバ芋の栽培パイロット事業」です。

3つ目は、将来的な定住促進につなげるために、少しでも多くの方に矢野町を知ってもらいたいという思いで「矢野町音楽祭『おてらいぶ2013』の開催」です。来年4月28日(日)開催予定です。矢野町へ京阪神など都市部の人たちに来てもらいます。これについてはまたあらためてお伝えします。

ということで、今年度から矢野町は自分たちの将来のために動き出します。住民のみなさんも当事者として事業の参画などご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 12:46Comments(0)地域づくり事業

2012年05月30日

『矢野町交流広場ニュース5月号』

『矢野町交流広場ニュース2012.5.25号』を掲載します。

今月はキャッサバ芋の定植「矢野町ふるさと自立計画」の策定についてです。ご覧ください。
ふるさと自立計画については次回のブログで詳しく



画像をクリックすると大きくなります



6月の「お宝探検サロン(おたたん)」6月12日(火)10:30から矢野町交流広場でです。池田さんが撮られた矢野町のお祭りのDVDを見ます。参加費200円(コーヒーとパンつき)


6月の勉強会は、6月20日(水)20:00から矢野町交流広場で。テーマは矢野町歴史講座「惣荘一揆と寄り合い」。


こ  
タグ :ニュース


Posted by 矢野町交流広場 at 23:59Comments(0)「交流広場ニュース」

2012年05月29日

キャッサバ芋の植え付け




5月6日(日)に矢野町では、各集落の総代さんらが集まって、沖縄から購入した「キャッサバ芋」の苗を菅谷の田んぼに約2反、1000本を定植しました。

キャッサバ芋は熱帯の植物で、お菓子などに使われるタピオカの原料(でんぷん)です。昨今農家を苦しめているシカやイノシシなどの獣害に強いといわれており、耕作放棄地などの遊休地を有効活用して、地域としての収入源にならないかと考えています。また、うまく事業が立ち上がれば「いぶき」の就労支援にもなればと考えています。

ただ、熱帯の植物ですから苗の越冬技術の確立や販路の開拓、加工品の開発などクリアしなければ課題も多々あります。今年度は矢野町まちづくり推進委員会を推進母体として県普及センターやJA、相生市、大学らと協力して、事業化に向けての調査・研究を進めていきます。



購入した約30cmの苗500本を半分に切って1000本にします


植えられた苗




5月26日(土)、植えられた苗から芽が出だしたのでマルチの穴をカッターで切って広げる作業をしました。







キャッサバ芋が矢野町自立の救世主になりますように


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 15:13Comments(2)キャッサバ関連

2012年05月28日

親鸞聖人降誕会と節談説教




5月21日(月)、菅谷の教順寺で親鸞聖人の降誕会(ごうたんえ)がありました。

これは、矢野と若狭野のお西とお東を合わせた浄土真宗のお寺9か寺(これを「矢野谷東西法中(ほっちゅう)9か寺」という)で、明治39年から100年以上お寺持ち回りで続いている法会だそうです。

東西合同の行事は全国でも珍しいらしく、また矢野地域と若狭野地域のお寺が合同というのもかつてこの地域が一体だった現れでしょう(矢野荘の「惣荘(そうしょう)」という部分になります。これについてはまたあらためて)。





法話には、昨年も教順寺に来られた祖父江佳乃師による「節談説教(ふしだんせっきょう)」がありました。節談説教とは、以前にもお伝えしましたが、今ではあまり聴かなくなりましたが、落語の源流といわれ、高座から節をつけて語る浄土真宗独特の説法です。

教順寺には第五世住職に節談説教で全国を行脚したの田淵静縁師がおり、名人といわれた、祖父江佳乃師の御祖父 祖父江省念師と親交があったようです。佳乃さんはおじいさんから節談説教を引き継いだわけですね。

佳乃さんの説教は、ぼくは初めて聴きましたが、「話力(わぢから)」というんでしょうか、話の世界に引きこまれていきました。やはり、落語に通じるものがあります。しかし、法話の本分、説教というぐらいですから、そこには教え説くものがあります。

前半は、佳乃さんの名前にまつわるお話から、一人の自分としてちゃんと認めてもらうことの大切さ、それが生きる基軸になるということ。つまり、「個」あるいは「私」の大切さでです。そして、善と悪を併せ持つ(手を合わすということ)私が自分の人生を生き抜くとき、そこで得られた経験が「智慧」という宝であること。それを次代に相続するのだと。

休憩を挟んで後半は、「降誕会」ですから親鸞聖人の生い立ちの話です。親鸞は8歳で母親を亡くします。母は亡くなる前に親鸞に「弱き者に光をあてる道」に進みなさいと諭します。そうして、親鸞は貴族の出ですが、仏門の世界に入ることを決意し、愚直に突き進み、みなさんご存知のように一般の民の救済(心の救済)に生涯を捧げます。これが大乗というものでしょう。

さて、前半のお話と後半のお話。実はそこには人が社会を生きていく上でもっとも重要な命題が込められています。「self and others」(自己と他者)です。前半が自己(self)の大切さ。そして後半は他者(others)と相対する視点から語られています。

社会とは、「self and others」、自己と他者との関係、自己と他者とのバランスで成り立っており、社会でおこるすべての問題はそこに帰結するといっても過言ではありません。

で、この「節談説教」。落語の語りに生きることの教え。昨年の「ふれあい寄席」で招待した矢野小学校の子どもたちが落語の世界に引き込まれ目を輝かせていたことを思うと、ぜひこれから生き辛い世の中を生きていかなければならない子どもたちにこそ「節談説教」を聴いてもらいたいと思いました。自分も他人も大事なんだよと。そして人生の先輩から「大丈夫だよ」と。





こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 13:41Comments(0)イベント等報告

2012年05月25日

ペーロン祭開催と矢野川チーム

5月27日この日曜日にペーロン祭が開催されます。
26日は前夜祭で海上花火大会です。確かペーロンの花火大会が全国でその年のもっとも早く行われる花火大会ではなかったでしょうか。

詳細は、観光協会のホームページとチラシをご覧ください。

                観光協会HP パソコン ←クリックすると飛びます

              ←クリックすると大きくなります


ペーロン競漕には、矢野からも若狭野と合同で男子の「連合自治会矢野川」チームと女子の「クィーンズ矢野川」チームが出場します。3月の筋トレから始まり今日まで、「いぶき」の敷地内に設置された練習場で、仕事から帰って夜遅くまでほぼ毎日練習してきました。地域のみんなで応援しましょう!

男女両チームのみなさん、ガンバってください。いい成績がでることを祈っています。



「クィーンズ矢野川」練習風景






「連合自治会矢野川」練習風景



こ  
タグ :ペーロン


Posted by 矢野町交流広場 at 11:51Comments(0)お知らせ・案内

2012年05月23日

矢野小さつまいも植える

5月16日、前日の雨から一転、快晴のなか「矢野小のうえん」さつまいもの植え付けがありました。矢野小学校は晴れ男ならぬ晴れ学校らしいです。


今回マルチ張りは5年生が初挑戦です


ピンと張ってね


校長先生がマルチの切り方を教えてくださいます


シュッと切るのが難しい




6年生を先頭に全校児童みんながやってきました


1年生は手をつないでね



前方は、4月に植えたスイートコーンがこんなに大きくなっています





地域の方が草を取ってくださっています。ありがとうございます




県普及センターの方のお話を聞きます


いよいよ植え付けです


どないするん?


6年生は1年生に教えてあげます





小学校の方に少し傾けて植えるんやで





地域、普及センター、農協の方が手直ししてくださいました



植えられたら次は水やりです


あたしこっち。ぼくはこっち



そのあとは、マルチが熱くなりすぎないようにわらをマルチの上に敷きます









地域の方をはじめとして皆さんにお礼です。ありがとうございました



最後は4年生が残ってわらの調整をします



収穫は10月下旬の予定です。
どんなおイモがとれるか楽しみです。


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 15:23Comments(0)矢野小学校

2012年05月22日

瓜生大池周辺のシダジイ

今年も瓜生大池の周りに群生するシダジイがきれいでした。
太陽の光に反射して金色に輝きます。
咋年は一番いい撮影の時期を逸したので今年再チャレンジです。5月14日撮影
















こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 15:38Comments(2)推進員のつぶやき

2012年05月21日

今月の三濃山

先日18日、今月も三濃山に登って来ました。

今月は木々の葉の生え換わりで落ち葉がいっぱいでした。来月まで続くようです。

来月は山ヒルがいっぱい出るというのでビビっています。







今月のアカガシは、葉っぱを見ると一部分が茶色く色が変わり元気がなかったので心配したのですが、アカガシも葉っぱの生え換わりだそうで安心しました。






下山途中で、一生のうちであるかないか、生まれたてのシカの赤ちゃんに遭遇しました。仏さんの榊を採りに道を外れて少し山の中に入ると、体毛が羊水に濡れてへその緒がまだ付いている、ほんとにさっき生まれたばかりのシカの赤ちゃんが足元にいるではないですか。ビックリです。体が周りと同系色で気づきませんでした。

子を産んだばかりのお母さんシカは「人間が来た」と思って、赤ちゃんを置いてとっさに隠れたのでしょう。赤ちゃんシカは今立ち上がったばかりのようで動けなくて、そこに人間と遭ったものだから怖くて震えていました。ごめんね




こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 18:01Comments(0)今月の三濃山

2012年05月18日

「いぶき」の花壇




今日はいいお天気ですね。

「いぶき」の花壇は色とりどりのお花がきれいです。

ぜひ見に来てください。

「いぶき」の方もベランダで気持ちよさそうに作業をされていました。









こ  
タグ :花壇


Posted by 矢野町交流広場 at 15:37Comments(0)NPO法人いぶき

2012年05月17日

矢野5月寸景

緑輝き風薫る5月

ある日の矢野寸景


















こ  
タグ :寸景


Posted by 矢野町交流広場 at 14:11Comments(0)推進員のつぶやき

2012年05月15日

矢野小交流会2

玉入れで全員での交流会のあとは、学年ごとの交流会です。



1年生。矢野小の子どもたちが自己紹介です


幼稚園で一緒だったお友達もいるんだね




運動場ではゲーム。6年生かな







グループで紹介


カメラから逃げないで~


盛り上がってますね。楽しそう




こちらは何が始まるのかな







自己PRだね







時間がきました。運動場に整列です


今度は若狭野小学校の代表児童があいさつ


「さようなら」


バイバイ


「楽しかったぁ」。ピース


10日は矢野小の子どもたちが遠足して若狭野小学校で交流会が行われました。


こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 11:33Comments(0)矢野小学校

2012年05月14日

矢野小交流会1

5月7日、矢野小学校で若狭野小学校との交流会がありました。若狭野小学校の全校児童が春の遠足で矢野小学校にやって来ました。

矢野小学校は今年度で閉校となり来年度から若狭野小学校と一緒になるので、子どもたちが来年度いきなりで戸惑わないように今年から矢野小学校と若狭野小学校で交流をもとうというものです。

まずは矢野小学校自慢の芝生の運動場で紅白の玉入れをします。



矢野小学校と若狭野小学校の全校児童が芝の運動場で教頭先生のお話を聞きます


矢野小学校の代表が若狭野小学校のみんなに歓迎の言葉を述べます


矢野小学校・若狭野小学校混ざり合って紅白に分かれます


今回の玉入れは特別ルールです。
紅組白組、握手をしながらじゃんけんをし、勝ったら相手方にある玉を取りに行って、
戻って自分とこのかごに玉を入れます。
入ったらまた中央でじゃんけんをします。



中央で紅白向かい合って一列に並びます


握手しながらじゃんけんです















走れー じゃんけんに勝ったら玉を取りに行きます















狙いをすましてかごに「エイッ」


むずかしい


応援の方も「ガンバレー」


おお、出た、ジャンピングシュート!






終了~ 玉を数えます









結果は???


後かたずけも素早い








このあとは、学年ごとに分かれてさらに交流を深めます



こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 16:18Comments(0)矢野小学校

2012年05月11日

矢野小スイートコーン植える

4月27日快晴、矢野小学校の農業体験学習で第一弾、スイートコーンの定植が行われました。



地域の方が苗を準備してくださっています


地域の方や県普及センターの方が苗を取り分けてくれています


まずは、6年生がマルチを張るためにやってきました


息を合わせて伸ばしていきますよ


まっすぐ伸ばせた?


伸ばせたらハサミで切ります


マルチをピンっと張って留めていきます


空き缶を使って苗を植える穴を開けます


5年生以下全校児童がやって来ました


普及センターの方が植え付けの仕方を説明してくださっています


いよいよ、植え付けの開始です


うまく植えられるかな





ベテランさんの6年生が1年生に教えてあげます





「手伝ってあげるよ」


大分できたね





周りの土を寄せてね


最後にお水を上げて完了です

7月の収穫が楽しみですね。それまでの管理は地域の方がしてくださいます。


「ありがとうございます」「よろしくお願いいたします」


こ  
タグ :農業体験


Posted by 矢野町交流広場 at 16:49Comments(0)矢野小学校

2012年05月10日

小河山観音寺の壁画




先日(5/8)の「お宝探検サロン(おたたん)」での話題から

小河の観音にある小河山観音寺

そのお堂の中に襖絵というか壁画というか、大きな墨絵があります。
3羽の鶴と松の木が描かれています。

でも、作者の記載がなく、だれがいつ、何のために描かれたのか分かりません。
(ひょっとして福田眉仙さん?)

どなたかこの画の所以をご存じの方はおられますか。













よく見てみると絵を貼り合わせて作られていますね。所々ずれています。



こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 13:12Comments(0)お宝発見(遺跡等)

2012年05月08日

花まつりと花御堂

4月22日(日)に榊の西教寺で、矢野町の仏教婦人会のみなさんによる「花まつり」が行われました。

「花まつり」はお釈迦さんの誕生をお祝いする法会です。矢野町5か寺のお寺さんが集まってされます。若狭野含めてこの辺のお寺は西・東超えて横のつながりがあるのがいいですね。






人が集まるのはよいです。特にこんな時代だから




春の花で飾られた花御堂(はなみどう) 「きれいですね」


お釈迦さんは、今から約2500年前の4月8日に北インド ルンビニーの花園で生まれました。生まれたお釈迦さんは七歩あゆみを進め、右手で天を指差し左手で地を指して「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と宣言されたそうです。花御堂の中の誕生仏はその時のお釈迦さんの様子を表したものです。花まつりでは、誕生仏に「甘茶(あまちゃ)」をかけてお釈迦さんを讃えます。

ぼくも甘茶をいただきました。ほんのり甘い。

こ  


Posted by 矢野町交流広場 at 17:48Comments(0)イベント等報告

2012年05月07日

2012桜-三濃山

4月18日に三濃山に登って来ました。その時のです。



経納山から見下ろす











実はこの日、3月のシンポジウムに参加して下さった三濃山出身の方や矢野出身の方が幾人か来てくださり、思い出話に花が咲いて尽きることがありませんでした。これだけでもシンポジウムをやってよかったです。





せっかくですから記念撮影




パネリストの藤田さんも来られていて、自分の家の跡を説明してくださいました。


井戸の跡を説明してくれる藤田さん


風呂の跡





  続きを読む
タグ :三濃山


Posted by 矢野町交流広場 at 17:12Comments(0)矢野の桜

2012年05月02日

2012桜-二木児童公園

真広の交差点を北へ過ぎると、まずはここ(二木児童公園)の桜が目を引きます。
4月17日撮影



遠景(テクノラインから望む 4月13日撮影)


2月には矢野町駅伝大会でこの下をランナーが駆け抜けていきましたね






こ  
タグ :


Posted by 矢野町交流広場 at 14:47Comments(0)矢野の桜

2012年05月02日

2012桜-能下の山桜

テクノラインを上がっていると能下の山肌に、ある程度かたまって点在した山桜が目に飛び込んできます。

まだ無彩色な山に山桜の淡い彩りが映えます。

そしてその彩りがそれぞれに微妙に違うのがまたいい。



(4月17日撮影)












こ  
タグ :


Posted by 矢野町交流広場 at 14:00Comments(0)矢野の桜

2012年05月01日

2012桜-犬塚の桜


犬塚の桜(4月17日撮影)


3月末に周辺を清掃活動した「犬塚の桜(エドヒガン)」も撮影しました。
8分咲きかなと思ったらこれで満開です。今年は花の付きがあまり良くないようです。







全然花がついていない枝が多いです。少し手入れが必要なのでしょうか。心配です。

犬塚の桜は、実は今のは子どもの新しい桜で、もともとの大きな幹の年老いた桜は10年ぐらい前の夏に強風で力尽き倒れてしまいました。しかし、その根元から新たに枝を出し育ってきたのが今の桜です(下写真)。





ちなみにかつての犬塚の桜は下の写真です。隣の椿の木よりも大きくて立派です。


2000年撮影 松本幹彦氏提供


写真には幹に支えが見えますね。老木で「これはやばい」ということで有志らが処置を施して花を咲かせたところに、その年の夏に強風がきて倒れてしまったのです。残念です。

今の若い桜が親の桜のように立派に育ってくれることを願っています。

こ  続きを読む
タグ :犬塚


Posted by 矢野町交流広場 at 19:25Comments(0)矢野の桜