2015年03月03日

◆今年度最後の「矢野再発見セミナー」

 先月15日、今年度最後の「矢野再発見!セミナー」で、後期セミナー「矢野荘の残照Ⅰ~赤穂義士の時代~」の第2回目「矢野地域と元禄の群像」が開催されました。約50名の参加がありました。

 今回は、前回に引き続き『忠臣蔵』です。浅野内匠頭の江戸城松の廊下の刃傷沙汰以降、討ち入りまでの赤穂義士たちの動きを、ときには複数のドラマの映像を交えながら詳細にたどりました。

 赤穂藩筆頭家老の大石内蔵助は当初、お家再興を一番に考えた穏健派でしたが、浅野大学の広島藩お預けが決定し浅野家再興が絶望的になったことにより、討ち入りを決意します。そこから神文(討ち入りの誓約書)を同士に一旦返却して再度意志確認し、結束を図り直します。その後は吉良邸の内外部に人を送り込み情報収集に努め用意周到に事を進めます。

 元禄15年12月15日午前4時半頃討ち入りを開始し、午前5時半頃蔵に隠れていた吉良上野介を討ち取りました。このときドラマでは討ち取る際、両者で言葉のやり取りがあるように描かれていますが、実際はそんなことはなく切り倒したあとに松の廊下時の額の傷を見つけて上野介と分かったということです。午前8時頃泉岳寺にある浅野内匠頭の墓所に吉良上野介の首をささげ本懐を遂げたのでした。元禄16年2月4日、義士切腹。

 また、本セミナーでは赤穂藩浅野家改易後のここ矢野町が、一つの幕府領から時とともに安志藩小笠原領、小田原藩大久保領、尼崎藩松平領等、領地が細かく分断されていく様子を視覚的に確認しました。(これはわかりやすい!)

 これで、昨年度から始まった山口和翁先生の「矢野再発見!セミナー」歴史編は一区切りとなります。これまで多くの方に参加頂きありがとうございました。






















 セミナーの番外編として3月8日に山口先生と登る「感状山城ハイキング」を企画しました。よかったらご参加ください。詳しくは下のチラシをご覧ください。週末、天気が心配だなぁ・・・


(画像をクリックすると大きくなります)







同じカテゴリー(イベント等報告)の記事画像
三濃山太陽光発電所の位置
カンテレで三濃山が放映されました
七夕の願いが叶いますように!
今年も「矢野町ふれあい納涼祭」
サロンで七夕の笹飾り
相生探訪ウォーキング「那波」のまちを歩く2
同じカテゴリー(イベント等報告)の記事
 三濃山太陽光発電所の位置 (2017-11-21 21:40)
 カンテレで三濃山が放映されました (2017-10-26 15:53)
 七夕の願いが叶いますように! (2017-08-18 16:49)
 今年も「矢野町ふれあい納涼祭」 (2017-08-10 19:46)
 サロンで七夕の笹飾り (2017-07-06 16:09)
 相生探訪ウォーキング「那波」のまちを歩く2 (2017-06-26 16:42)

Posted by 矢野町交流広場 at 16:32│Comments(2)イベント等報告
この記事へのコメント
 赤穂義士の話はよく聞きますが大石内蔵助側からの話が殆どで吉良上野介から見た話が殆ど無いのが少々残念です。

 当地は吉良まで車で1時間ほどですので吉良上野介を中心とした物語が有っても良さそうな物ですが殆ど有りません。
吉良町ではさすがに赤穂義士の話はあまり人気が無いようです。

 歴史の一場面をあれやこれやと思いを巡らす事は楽しいですね。
Posted by 知多の像使い at 2015年03月07日 07:40
知多の象使い 様

いつもコメントありがとうございます。
知多の象使いさんのお住まいは、吉良上野介の地元に近いのですね。当然地元としては、自分のところのお殿さんが悪者のように描かれる話はおもしろくないですよね。講義の中でもそういう話もありました。そして、地元では上野介は評判のいい人物だったということも。

幸か不幸か、赤穂義士が「忠臣蔵」という忠義や人情という日本国民が好む戯曲になり、人気が出てしまいました。

Posted by 矢野町交流広場 at 2015年03月09日 13:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。