2017年06月29日

◆当て逃げされた気分の中で思う

月曜日(6/26)に勤務中、私用車で西播磨地域を回っていたら、どうもどこかの駐車場で
当て逃げ(擦り逃げ?)されたらしい。帰宅して気付きました。

左側のフロント部分が擦られただけでなく、ボディも若干ひしゃがってフロントとの接合が微妙にズレてるし、上目ライトは傷ついて少し落ち込んでいる。

フロントだけでもきっちり色を塗り直すと7万円かかるらしい。「そんな余裕ないよー」ということで、磨いてもらうだけにしました。やっぱり深い傷の部分はどうしようもなく、色がはげてるし。気分最悪。











でも、当事者は、社会人として、自律した人間として、誠実で責任ある行動をとってほしいものです。最近、何かで「教育の本分は自律した人間を育てることにある」と読みました。矢野町の地域づくりも以前作成した「ふるさと自立計画」のなかで、「自律した地域の実現を目指し」とうたいます。

「個人の自律」「集団の自律」「住民の自律(=市民)」。「自律」という言葉には、一般論として批判的な見方もあるようですが、ぼくはやっぱり民主主義社会において、あるいはあらためて民主主義を考える上でも重要なキーワードだと思います。特に今の政権を見ていてそう思います。

当て逃げされた気分の中で・・・






同じカテゴリー(推進員のつぶやき)の記事画像
走行距離10万キロ
『鵤庄引付』と新たな<契約>発見
年賀状-新年のご挨拶
山陽道を歩こう(その2)の2
山陽道を歩こう(その2)の1
山陽道を歩こう(その1)
同じカテゴリー(推進員のつぶやき)の記事
 走行距離10万キロ (2017-08-17 15:11)
 『鵤庄引付』と新たな<契約>発見 (2017-06-12 16:23)
 年賀状-新年のご挨拶 (2017-01-05 16:20)
 山陽道を歩こう(その2)の2 (2016-06-02 17:17)
 山陽道を歩こう(その2)の1 (2016-05-30 13:51)
 山陽道を歩こう(その1) (2016-05-26 16:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。